引用書店

THE INYOSHOTEN PLUS

書評を中心に、伝えたいことをplus

ビジネス

価値観の違いって面白い!という話:ちきりんとゲーマーウメハラ

今月発売の新刊『悩みどころと逃げどころ』を紹介する。 以前であれば全く興味を示さなかったはずの本だけれど、ブログを書き出した一人として自称「社会派ブロガー」ちきりんの著書は一冊は読んでみたいという気持ちがかねてから頭にあった。 そういったワ…

怒っている人を一瞬で冷静にさせるたった1つの方法

DaiGoの本に引き続き、今回もメンタリズムについて書く。 inyoshoten.hatenablog.com 僕はノンフィクションを読むとき、必ず2〜3冊を一気に読むことに決めている。最低限2冊であり、読みはじめて実入りがなさそうなジャンルであっても1冊で止めることは…

DaiGoは芸能人で「こいつはビジネスでも成功する」ヤツの1人

芸能人で 「こいつはビジネスの世界でも成功する」と思える人が2人いる。メンタリストのDaiGoと、オリエンタルラジオの中田敦彦の2人である。 中田さんは言わずもがな「しくじり先生」を大ヒット番組に押し上げたプレゼン力、これは本物だ。以前から「何か…

「話がヘタな人」は優れた裁判官が使う論法をマネしたらいい

「すぐれた法学者は、背後に帰納論をもちつつしゃべるときは、演繹論をしゃべる」 著作『論理思考と発想の技術』でベイン・アンド・カンパニー日本支社長も務めた経営コンサルタント後正武が、法学者の川島武宜元教授の言葉を引用した箇所である。 『論理思…

友達づくりに消耗してる人はこれ読んどけ

リアルな友達やSNSで「いいね!」し合ったりする友達に時間を割き過ぎて消耗している人、はたまた友達がいないと悩んでいる人は、瀧本哲史著『君に友だちはいらない』を読むといい。 「あ、苦労して友達づくりなんてしなくていいんだ」と気づくはずだ。 君に…

【すべては一杯のコーヒーから:松田公太】百の理屈より、一の行動

ずいぶん前に読んだ本と思ったら、もう10年になるのか。 時代の流れも速ければ、松田公太氏のキャリアの変遷も速い。 すべては一杯のコーヒーから (新潮文庫) posted with ヨメレバ 松田 公太 新潮社 2005-03-27 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次》…

【エバンジェリスト養成講座:西脇資哲】新しい技術という福音をもたらす職種

日本マイクロソフト社の西脇資哲著『エバンジェリスト養成講座』を僕が手に取った理由は、プレゼン力を高めるためだった。 こう聞いて「おれは関係ないなあ」「青臭い努力なんかしてご愁傷様だな」とか思う人は、ネット社会に毒されてますよ。 外資だと顕著…

【ストックビジネスの教科書:大竹啓裕】ストックビジネス、正確に理解してる?

「ストックビジネス」と聞いて「ああ、ブログみたいな蓄積型のね」という印象しか持たないようでは、言葉の定義を正確に理解しているとはいえない。 ストックビジネスの教科書 posted with ヨメレバ 大竹 啓裕 ポプラ社 2015-10-20 Amazon Kindle 楽天ブック…

【フィーチャリング力:VERBAL】相手と自分の価値を最大限引き出す方法

あなたは「フィーチャリング」できてる? フィーチャリング力 あなたの価値を最大化する奇跡の仕事術 posted with ヨメレバ VERBAL 幻冬舎 2013-02-27 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次》 プレゼンは「プレゼント」 誰かと組むときはプライドを捨てろ…

【独裁者の最強スピーチ術:川上徹也】3つの黄金律で人を惹きつける

悪用はしないように、読んで頂きたい一冊。 独裁者の最強スピーチ術 (星海社新書) posted with ヨメレバ 川上 徹也 講談社 2012-04-26 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次》 「スピーチこそが最強の武器」と知っていたヒトラー 3つの黄金律 悪用はダメ…

【申し訳ない、御社をつぶしたのは私です:カレン・フェラン】お前(コンサル)のせいか?

タイトルとサブタイトルで、ここまで内容が読める本はなかなかない。 MIT卒のデロイト、ジェミニ・コンサルティング出身のコンサル、カレン・フェラン著『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です - コンサルタントは組織をぐちゃぐちゃにする』。 申し訳ない…

【世界標準のNEMAWASHIの技術:新将命】日本流「根回し」との合わせ技が最強!

コカ・コーラ、シェル石油、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどの外資系企業で日本支社長を含めたキャリアを積んできた新将命。 本国の外国人トップとの豊富な経験をもとに書かれた『世界標準のNEMAWASHIの技術』 は、日本流「根回し」と世界標準の「NEMAWA…

【マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか:大嶋祥誉】誰でもできそう!

マッキンゼーシリーズの世の中への拡散に大いに貢献している大嶋祥誉著『マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか』に書かれていることは、誰でもできる簡単なことばかり。 これぐらいやっていないと機械損失なレベルだ。 マッキンゼーのエリー…

【筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?:千田琢哉】説得力は胸板の厚さに比例?

なぜ、この本を買ってしまったのか。当時の購買モチベーションは不明のひとことだ。 筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか? posted with ヨメレバ 千田 琢哉 総合法令出版 2015-01-22 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次》 説得力は胸板の厚…

【プロカウンセラーの聞く技術:東山紘久】「相手にとって気持ちよく」それだけ!

少し古い一冊だが、カウンセラーが書いた「聞く」技術の本。 プロカウンセラーの聞く技術 posted with ヨメレバ 東山 紘久 創元社 2000-09 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次》 「他人のことはできない」と割り切る 相手にとって気持ちよく 相手に集中…

【あなたの話はなぜ「通じない」のか:山田ズーニー】伝わる基本5つと習慣2つ

小論文講師のキャリアが長い編集者山田ズーニー著『あなたの話はなぜ「通じない」のか』。 ビジネスでの会話や文書作成に活かしたい人を主な対象にしているが、ブロガーの面々も騙されたとおもって読んだ方がいい。 あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちく…

【残念な人の思考法:山崎将志】こんな人いない?最近見かけた残念な人

どうにも残念な人を最近よく見かける。 自分の心がすさんでいるのか、自己評価が不当に上がっているのか。はたまた本当に日本に残念な人が増えているのか。原因はわからない。 最近見かけた残念な人 「うす」しか言えないコンビニ店員 レジで会計をすると無…

【ユニ・チャーム共振の経営:高原豪久】コミュニケーションの回数と方法

コミュニケーションって難しい。 自分は伝えたと思っていても、相手に伝わっていない。伝わらなければ、言っていないのと同じだ。 トップダウンでもボトムアップでもなく経営と現場が「共振」する姿を理想とするユニ・チャーム社長高原豪久の『ユニ・チャー…

【寝たきりだけど社長やってます:佐藤仙務】何のために働くのか?

「他で働く場所がなかった」 ホームページ制作会社「仙拓」の社長佐藤仙務は、「なぜわざわざ会社なんてやるの?」と聞かれたとき、こう答えるのだそうだ。 寝たきりだけど社長やってます posted with ヨメレバ 佐藤 仙務 彩図社 2014-06-16 Amazon Kindle …

【V字回復の経営:三枝匡】御社でも蔓延してる?マズい症状を打破する物語

物語仕立ての経営本はいくつかあるけれど、断然お薦めしたいのが『V字回復の経営』。多額の年収で注目されるミスミグループ三枝匡の著作で、結構古い本だが何度も読み返したい名著だ。 V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫) posted…

【エンデュアランス号漂流記:アーネスト・シャンクトン】極地でのリーダー像

コンサルタント山口周がまとめた「ビジネス書マンダラ」でリーダーシップに分類されていた一冊『エンデュアランス号漂流記』を読んだ。 【外資系コンサルが教える読書を仕事につなげる技術:山口周】「イケス」に魚を放て - 引用書店 以前書いた『意思決定の…

【不格好経営:南場智子】ビジネス書初心者向け!経営者の楽しそうな経営話

軽いタッチで描かれる経営者による経営本、それが『不格好経営』。活字が苦手で読んでも軽い小説だけ、という方はノンフィクション、ビジネス書のデビューとして本著から読みはじめてはどうだろうか。 不格好経営―チームDeNAの挑戦 posted with ヨメレバ 南…

【孫正義の参謀:嶋聡】他社とは違う!ソフトバンク4つの非凡さ

ソフトバンク怒濤の8年間の「正史」 帯にはこう書かれている。『孫正義の参謀』は元民主党議員の著者がソフトバンク社長室長として内側からみてきた、孫正義という個人、ソフトバンクという企業のリアルを描いた貴重な一冊だ。 孫正義の参謀: ソフトバンク…

【意思決定のための「分析の技術」:後正武】知っておきたい!4つの技術

1998年出版とかなり古い本だが、『意思決定のための「分析の技術」』は開くたびに感心させられる。「これを次使ってみよう!」とおもわせるチップスが、そこかしこに散りばめられている。 コンサルタント山口周は『意思決定のための「分析の技術」』を自…

【いまから、君が社長をしなさい:鳥原隆志】平でも社長になりきれ!

「 インバスケット」って何だか知っているだろうか? 簡単にいえば、シムシティのビジネス版。『いまから、君が社長をしなさい』は文字どおり「社長」になりきって案件処理のシミュレーションができる本だ。 社長がどのような仕事をしているのかを知らずして…

【ビジョナリーカンパニー2:ジム・コリンズ】「意識高い系」愛読書と避けては損

『ビジョナリーカンパニー2』と聞いて、どんな印象を持つだろうか? ぶ厚いビジネス書。サイバーエージェントの藤田晋など著名な経営者にバイブルと称される名作。それら経営者の受け売りでドラッガー『マネジメント』と並んで「意識高い系」御用達となって…

【プロフェッショナルマネジャー】ユニクロ柳井経営の原点がここに!

3月のkindle月替わりセール本の中でも割引率の高い『プロフェッショナルマネジャー』。紙の本が1440円のところ、kindle版が今なら399円。1041円(72%)も安い! 安かったし、ユニクロ柳井さんの「これが私の最高の教科書だ」の帯に惹かれてポ…

【佐藤可士和の打ち合わせ】え!まだ御社ではダメ会議やってるんですか?

ダメ会議、蔓延していませんか? 『佐藤可士和の打ち合わせ』を「どうせデザイナーがブレストのやり方とかクリエイティブな打ち合わせを提案してるんでしょ?自分には関係ないわ」と勘違いしてはいけない。 シンプルで分かりやすく、すぐに実践できるダメ会…

【そうか、君は課長になったのか:佐々木 常夫】正確には4月1日からです!

4月1日付で課長職に昇格する。そういうわけで、ベストセラーの『そうか、君は課長になったのか』を読んだ。 そうか、君は課長になったのか。 (ポケット・シリーズ) posted with ヨメレバ 佐々木 常夫 WAVE出版 2013-03-20 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net…

【NASAより宇宙に近い町工場:植松努】オンリーワンに甘えずナンバーワンを目指せ

植松電機の植松努専務をご存知だろうか? 著書『NASAより宇宙に近い町工場』は、ページをめくるたび心に刺さる言葉が飛び込んでくる良書中の良書だ。 本著の序盤には、植松さんが堀江貴文氏の出資をことわる場面がある。そこまでは資金調達に慣れない町工場…

【「意識高い系」という病:常見陽平】意識高い系はなぜ6年以上はびこり続けるのか

「意識高い系」という、ある特定の人たちを示すことばがある。 いまだにネットで頻繁に見かけることばだ。かなり前に聞いた流行語のひとつ、と認識していたのだが全く廃れる様子がない。 なぜだろうか? 「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバ…

【CIA諜報員が駆使するテクニックはビジネスに応用できる】理想は「サイコパス」

原題は『WORK LIKE A SPY』。元CIA諜報員J.C.カールソン著『CIA諜報員が駆使するテクニックはビジネスに応用できる』は、 佐藤優の帯に惹かれて読んだ。 CIAの検閲が入っているが、それは機密情報の漏洩を防止するためであり、本文の主旨には影響していない…

【作家の収支】作家「森博嗣」の金のことが正直に書かれた本

これは確かに面白い本だ。 作家の収支 (幻冬舎新書) posted with ヨメレバ 森 博嗣 幻冬舎 2015-11-28 Amazon Kindle 楽天ブックス 《目次》 イケダハヤトきっかけ 金のことを書くということ 小説家が大事にすべきこと スルーしてあげよう 『すべてがFになる…

【努力したぶんだけ魔法のように成果が出る英語勉強法:清涼院流水】話せる英語を身につける

推理作家 清涼院流水(「清涼院流水」ではない)の英語本をもう1つ紹介する。 清涼院さんの英語勉強法、ほんと使えるから今まで挫折した人、英語の成長がストップしてしまった人は一回試してほしい。 努力したぶんだけ魔法のように成果が出る英語勉強法 pos…

【TOEICテスト300点から990点へ、「7つの壁」を突破するブレイクスルー英語勉強法:清涼院流水】860点の僕の最強攻略法

推理作家の清涼院流水(not「清涼飲料水」)が趣味ではじめた英語勉強でTOEIC990点をとったらしい。もはや趣味のレベルではない。ライフワークと呼ぶにも軽々しい。TOEIC勉強界ではプロと呼んでもよいだろう。 そんな清涼院流水(「清涼飲料水」じゃないから…

【図解孫氏の兵法:鈴木博毅】孫武は合理主義者そのもの

『孫氏の兵法』は紀元前500年頃の呉の将軍「孫武」が書いたといわれる、説明不要の兵法書。日本人が好きな古典だが、ビル・ゲイツはじめ欧米人にも良く読まれているようだ。 図解 今すぐ使える! 孫子の兵法 posted with ヨメレバ 鈴木 博毅 プレジデント…

【シンプルに考える:森川亮】LINE元社長「たった1つ」のビジネスの本質

「 大企業に勤める、偉い人に従う、出世する、社内で軋轢が生じないようにする、競争相手に勝つ」 日々、何を考えて生きてますか? LINE元社長の森川亮著『シンプルに考える』は衝撃の一冊。雑念がいかに本質を邪魔するか、痛感させられた。シンプルに本質だ…

【破綻:林原靖】林原 - 同族経営が破綻する最大の理由

少し前だが、同族経営の大塚家具で経営トラブルがあった。本当に同族経営は危ういのか? エルメスなどの海外ブランドにも同族経営は多く、トヨタも同族だ。成長を続けている企業も多い。同族経営自体は悪くはないが、そこには破綻に陥るリスクがあると考えた…

【勝間・藤巻に聞け!「仕事学のすすめ」】セルフブランディング3つの要素

対談本第五弾は『勝間・藤巻に聞け!「仕事学のすすめ』。そろそろ対談本シリーズは一旦打ち切ります。次回から、フツーの著者1人の本に戻そうかと。 勝間続きになったが、信奉してるワケじゃないよ。ただ彼女の対談は見てると面白い(ひろゆきとの対談の動…

【勝間さん、努力で幸せになれますか】努力か自堕落、あなたはどちらの人生を選ぶか

いつも読んでくださっている方へ申し開きです。 『あの日』もそうでしたが「です・ます調」から「だ・である調」に変えます。書評は語りかける「です・ます調」より、断定的に自分の見解を述べる「だ・である調」の方が相性がいいんじゃないかと思い直したた…

【リーダー論】AKB48グループ総監督を「定義」した高橋みなみ

真のリーダー、強いリーダーとはどのような要素を持った人物をいうのでしょうか? AKB48グループ総監督を引退する高橋みなみが書いた『リーダー論』から読み解いていきます。 リーダー論 (講談社AKB48新書) posted with ヨメレバ 高橋 みなみ(AKB48) 講談社 …

【投資家が「お金」よりも大切にしていること:藤野英人】あなたはなぜそれを買うのか

あなたはコンビニで、例えばペットボトルを買うときに「なぜそれを買うのか」と理由を考えますか? 単純に飲みたいから。ええ、そりゃそうでしょう。喉乾いてるからね。冬に炭酸はキツいし、寒いけど甘ったるいのはイヤだし、今日はホットのお茶にしようかっ…

【ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学:入山章栄】トランザクティブメモリーとは?

経営学はあくまで「思考の軸」として使われるべきだと私は思っています。あるいは、羅針盤といってもいいでしょう。 (中略) 羅針盤があるからこそ、それが航海ルートを決めるための軸となり、その上で風を読み、潮の動きを読み、天候を読むことで、経営に…

【世界の経営学者はいま何を考えているのか:入山章栄】まだ居酒屋トークで適当なこと言ってるの?

「居酒屋トーク」で適当なこと言ってるヤツ、嫌いですねえ。居酒屋に限らず場所はどうであれ、実証されたことを正確に語りたいものです。 とずっと思っていたのですが、同じことを本に書いた方がいました。しかもその道の専門、ニューヨーク州立大学でアシス…

【世界最高のバイオテク企業:ゴードン・バインダー】バイオ関連企業がベンチマークすべきアムジェン

今回は割と専門な話です。とはいっても一般書なので本自体は難しくないです。 『世界最高のバイオテク企業』バイオ関連企業のベンチャーにいる方は必読ですよ。本著は、最も大成したバイオ企業アムジェンに起業時から関わり、上場したときのCEOが書いた本だ…

【憂鬱でなければ、仕事じゃない:見城 徹/藤田 晋】差が出るゴールデンタイム

大事な仕事が一区切りついたとき、打ち上げにいきますか?学生であれば試験が終わった日、スポーツ選手であれば大会が終わった日はどうですか? 翌日は何をしますか? 翌日どころか何週間も羽を伸ばしてしまう人は読み進めてください。 憂鬱でなければ、仕事…

【大局観:出口治明】自分で判断する軸をつくる最強の武器

人が言うことを鵜呑みにしないためには思考の軸が必要です。上司や友人の発言だけでなく報道も、法規制でさえも所詮誰かが言っている、書いていることです。自分で考え直すことが判断を誤らない良策です。 でも、どうやったら軸なんてできるのか? 出口治明…

【ミッションからはじめよう!:並木裕太】問題が未解決のまま終わるワケ

「計画倒れ」味わったことありますか。いやな響きですね。 計画が実行されず、問題が未解決のまま放置される理由は1つです。『ミッションからはじめよう!』には実行に到り、継続するための方法論が書かれています。 ミッションからはじめよう! posted with…

【イシューからはじめよ:安宅和人】知らなければ圧倒的な損失

「イシューからはじめよ 」という言葉を聞いたことがありますか? もし聞いたことがなければ、あなたは圧倒的に損しています。無駄なことに努力を浪費しているかも知れません。 イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」 posted with ヨメレバ 安…

【我が闘争:堀江貴文】日本人に愛される彼だけの4つの魅力

ホリエモンって既得権益層には憎まれる一方で、なぜ多くの日本人に愛されるんでしょうね? 4つに分けて彼の魅力に迫ってみます。 我が闘争 posted with ヨメレバ 堀江 貴文 幻冬舎 2015-01-14 Amazon Kindle 楽天ブックス 《目次》 魅力1:圧倒的な実績と…