引用書店

THE INYOSHOTEN PLUS

書評を中心に、伝えたいことをplus

ビジネス-キャリア

価値観の違いって面白い!という話:ちきりんとゲーマーウメハラ

今月発売の新刊『悩みどころと逃げどころ』を紹介する。 以前であれば全く興味を示さなかったはずの本だけれど、ブログを書き出した一人として自称「社会派ブロガー」ちきりんの著書は一冊は読んでみたいという気持ちがかねてから頭にあった。 そういったワ…

友達づくりに消耗してる人はこれ読んどけ

リアルな友達やSNSで「いいね!」し合ったりする友達に時間を割き過ぎて消耗している人、はたまた友達がいないと悩んでいる人は、瀧本哲史著『君に友だちはいらない』を読むといい。 「あ、苦労して友達づくりなんてしなくていいんだ」と気づくはずだ。 君に…

【そうか、君は課長になったのか:佐々木 常夫】正確には4月1日からです!

4月1日付で課長職に昇格する。そういうわけで、ベストセラーの『そうか、君は課長になったのか』を読んだ。 そうか、君は課長になったのか。 (ポケット・シリーズ) posted with ヨメレバ 佐々木 常夫 WAVE出版 2013-03-20 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net…

【NASAより宇宙に近い町工場:植松努】オンリーワンに甘えずナンバーワンを目指せ

植松電機の植松努専務をご存知だろうか? 著書『NASAより宇宙に近い町工場』は、ページをめくるたび心に刺さる言葉が飛び込んでくる良書中の良書だ。 本著の序盤には、植松さんが堀江貴文氏の出資をことわる場面がある。そこまでは資金調達に慣れない町工場…

【「意識高い系」という病:常見陽平】意識高い系はなぜ6年以上はびこり続けるのか

「意識高い系」という、ある特定の人たちを示すことばがある。 いまだにネットで頻繁に見かけることばだ。かなり前に聞いた流行語のひとつ、と認識していたのだが全く廃れる様子がない。 なぜだろうか? 「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバ…

【勝間さん、努力で幸せになれますか】努力か自堕落、あなたはどちらの人生を選ぶか

いつも読んでくださっている方へ申し開きです。 『あの日』もそうでしたが「です・ます調」から「だ・である調」に変えます。書評は語りかける「です・ます調」より、断定的に自分の見解を述べる「だ・である調」の方が相性がいいんじゃないかと思い直したた…

【憂鬱でなければ、仕事じゃない:見城 徹/藤田 晋】差が出るゴールデンタイム

大事な仕事が一区切りついたとき、打ち上げにいきますか?学生であれば試験が終わった日、スポーツ選手であれば大会が終わった日はどうですか? 翌日は何をしますか? 翌日どころか何週間も羽を伸ばしてしまう人は読み進めてください。 憂鬱でなければ、仕事…

【たった一人の熱狂】幻冬舎社長見城徹が圧倒的努力を重ねるたった一つの理由

この人には敵わないって人いますか。それはどんな人ですか?自分に厳しく途方もない努力を重ねる人・・・私はそんな人に圧倒されます。 たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉- posted with ヨメレバ 見城 徹 双葉社 2015-03-18 Amazon Kindle 楽天ブッ…

【3年で辞めた若者はどこへ行ったのか:城繁幸】イケダハヤト的フリーランス神格論ってどうなの?

あなたは日曜にサザエさん症候群が発症して「明日会社行くの憂鬱だわー、別ルートで金稼げるなら即辞めるのに。でも安定収入ないのは怖いなー」ってつい考えちゃう人ですか? 3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書) posted w…