引用書店

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE INYOSHOTEN PLUS

書評を中心に、伝えたいことをplus

【「甘え」の構造:土居健郎】日本人はみんな甘えん坊?

初版は昭和46年、僕の生まれる随分前に書かれた『「甘え」の構造』。日本人の価値観や言葉は「甘え」を中心に広がっているという説に基づいた本だ。 「甘え」の構造 [増補普及版] posted with ヨメレバ 土居 健郎 弘文堂 2007-05-15 Amazon Kindle 楽天ブ…

【史上最強の哲学入門:飲茶】バキ的な設定?超わかりやすい哲学本

『グラップラー刃牙』の熱烈ファンである著者が、哲学者をバキ的に描いた哲学本『史上最強の哲学入門』。 哲学者入場! 哲学の聖地、東京ドーム地下討議場では、今まさに史上最大の哲学議論大会が行われようとしていた・・・。 「史上最高の『真理』を知りた…

【偶然を生きる:冲方丁】4つの経験分類で読み解く人類のストーリー

森博嗣の『科学的とはどういう意味か』『作家の収支』の2冊が、今年読んだ本のなかで結構ヒットだった。 【科学的とはどういう意味か】文系に捧ぐ!理系って全然すごくないよ - 引用書店 【作家の収支】作家「森博嗣」の金のことが正直に書かれた本 - 引用…

【論語】初心者でも最後まで読める!斉藤孝の現代語訳

こんなに読みやすい古典の訳はみたことがない。 斉藤孝訳『論語』は、論語初心者だけでなく読書初心者でも楽に読みはじめられ、挫折することなく最後まで読めきれる良書だ。 現代語訳 論語 (ちくま新書) posted with ヨメレバ 齋藤 孝 筑摩書房 2010-12-08 A…

【火花:又吉直樹】ハリウッドザコシショウのR-1優勝が嬉しい理由

3月7日(日)ハリウッドザコシショウがR-1で優勝した。ぶっちぎりだった。 これが妙にうれしかった。前から古畑任三郎の「ハンマーカンマー」にハマっていて、ちょっとした青田買い的なファンだったから「うれしい」と感じたのかも知れない。 いや、もう少…

【夜と霧:ヴィクトール・フランクル】生きる意味を探してはいけない

盲ろうの東大教授 福島智の本を読んだ流れで、ヴィクトール・フランクル著『夜と霧』を読み直した。 夜と霧 新版 posted with ヨメレバ ヴィクトール・E・フランクル みすず書房 2002-11-06 Amazon Kindle 楽天ブックス 《目次》 『夜と霧』の位置づけ 「想…

【ぼくの命は言葉とともにある】「盲ろう」でも東大教授になった福島智

どなただったか忘れてしまったのだが、はてなブログの記事がきっかけで読んだ『ぼくの命は言葉とともにある』 。9歳で失明、18歳で聴力を失って、そこから東大教授になった福島智の著作だ。 「これは読むべきだ」と直感して即購入したのだが、本当に良い…

【アンドロイドは人間になれるか:石黒浩】スマホの先の未来がある!

マツコロイドで有名な人間酷似型ロボットの第一人者 石黒浩が書いた『アンドロイドは人間になれるか』、これは傑作だ。 大げさではなく、石黒さんはスマホの先の未来を創っている。彼の言葉を借りれば「未来は勝手にやってこない」。彼の頭の中には、人間と…

【50歳からの「死に方」:弘兼憲史】残りの37.5%をどう過ごすか?

「あと何年生きられるか?」 それは「平均寿命」ではなく「平均余命」で計算できることは皆だいたい知っている。 www.mhlw.go.jp 33歳男性のぼくは、あと48.02年生きられるらしい。すぐ死ぬかもしれない。でも、だいたい平均したら48.02年だ。事故で死ぬこと…

【死ぬってどういうことですか?】瀬戸内寂聴と堀江貴文の死生観

対談本の連載、第二弾です。 いやー本当は「すみません、早速連載の予告をブッチして小保方晴子『あの日』を読みましたので書きます」といきたかったんですが、愛知の田舎の本屋には『あの日』が置いてない!なんてことだ! kindle版はあるんですが、「買っ…

【LOVE理論/スパルタ婚活塾】水野愛也が提唱する恋愛ハウツー

この世に跋扈する恋愛ハウツー本のなかで、最も面白い本が『LOVE理論』『スパルタ婚活塾』です(もちろん独断)。 どちらも『夢をかなえるゾウ』の水野敬也が水野愛也名義で考案した理論を紹介するという、ややこしい位置づけの本です。この記事では、数多あ…

【運を支配する:桜井章一/藤田晋】ギャンブルと人生で負けない秘訣

こんにちは、引用書店 店長です。 「得意淡然 失意泰然」って、聞いたことありますか? 端的にいうと「調子良いときは謙虚に淡々と事をこなせ、調子悪いときは萎縮せず堂々としろ」という意味です。調べてみると中国は明時代、崔後渠(さいこうきょ)が著し…

【ゲーテのコトバ:明川哲也】人生が変わる63の名言。しかも解説付き

この本、知の巨人のコトバが63も載っているんですよ?しかも解説付きで。お得すぎます。 ゲーテのコトバ (ゲーテビジネス新書) posted with ヨメレバ 明川 哲也 幻冬舎 2012-05-01 Amazon Kindle 楽天ブックス 《目次》 ゲーテってどんな人? 創作についての…

【世界十五大哲学:大井正/寺沢恒信】イチかゼロか、それが問題だ

あなたは受験や就活を経験したことがありますか? 経験した人なら分かるでしょう。受験であれば倍率10倍、就活だと文字どおりケタ違いで倍率300倍とかザラにありますよね。 少しだけ調子にのりますが、かく言う私も、新卒のときは3000人受けて10人採用される…