引用書店

THE INYOSHOTEN PLUS

書評を中心に、伝えたいことをplus

歴史-現代

【戦後史の正体:孫崎享】事実か陰謀論か、米国の圧力を軸にした外交論

『戦後史の正体』は「米国からの圧力」を軸に、日本の戦後史を読み解いた本だ。 こういう視点から書かれた本は、いままでありませんでしたし、おそらくこれからもないでしょう。「米国の意向」について論じることは、日本の言論界ではタブーだからです。 戦…