引用書店

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE INYOSHOTEN PLUS

書評を中心に、伝えたいことをplus

経済とは「経世済民」〜人間の不合理さを科学する行動経済学

6月27日日経電子版の連載で、池上彰がこう語っていた。 そもそも経済学とは「経世済民」という言葉が語源です。「経世」とは世を治める。「済民」とは民を救うという意味です。明治時代のはじめ、海外から伝わってきた経済学を表す用語「エコノミクス」を訳…

高城剛『2035年の世界』の医療パートを徹底解説する

『2035年の世界』は、高城剛が自ら設定した100のキーワードをもとに人類の未来像を語っていくという本だ。 経済、環境などジャンル分けされているのだが、この記事では僕の専門である医療・生命科学に関するキーワードに限定して、「そんな未来が果たしてく…

ほどよい緊張が最高のパフォーマンスを生むという本番前に使える法則

スポーツの大会当日、過度に緊張して本来の力を出し切れなかった。そんな経験はないだろうか。 僕はというと、以前はガチガチに緊張して泣きたいほど無念な結果に終わった大会を何度も味わった。当時は人生を賭けるつもりで本気でスポーツをしていたので、情…

【めざせイグ・ノーベル賞傾向と対策:久我羅内】応募してみたら?

5月kindle月替わりセールで買った『めざせイグ・ノーベル賞傾向と対策』。 「イグ・ノーベル賞」という賞を知っているだろうか? 聞いたことはあってもきちんと理解している人は結構少ないのではないだろうか。ましてや応募方法や傾向と対策を知っている人…

【ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか】「先延ばし方程式」に屈するな!

ロクなことにならないと知りながらも、面倒なことは後回ししてしまう。これは人類共通の性質なので仕方がないが、人によって程度の差はあるようだ。 『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』にはチェックリストが付いているので、興味あれば点数をつけてほし…

【完全な人間を目指さなくても良い理由:マイケル・サンデル】筋肉パンパンなリーグ、観たい?

マイケル・サンデル『完全な人間を目指さなくても良い理由』はスポーツ選手、バイオ系、デバイスや人工知能系の業界で働いている人に薦めたい一冊。 完全な人間を目指さなくてもよい理由-遺伝子操作とエンハンスメントの倫理- posted with ヨメレバ マイケ…

【期待の科学】スポーツ選手に捧ぐ!プラセボ効果を味方につける3つの秘訣

kindle4月の月替わりセールからの1冊『期待の科学』。 「思い込み」や「プラセボ効果」についての本だ。 「期待」の科学 悪い予感はなぜ当たるのか posted with ヨメレバ クリス・バーディック CCCメディアハウス 2014-06-19 Amazon Kindle 楽天ブックス 7…

【シンギュラリティは近い:レイ・カーツワイル】起源と意味、答えられる?

「シンギュラリティ」という言葉の起源、その意味を答えられるだろうか? 少し前、AlfaGOが世界最強とも言われる韓国のプロ棋士イ・セドルを負かしたことが話題になった。AlfaGOの開発者は、次はより人間的な駆け引きが問われる「ポーカー」に挑戦するのだそ…

【ネットで進化する人類:伊藤穰一】バイオの進展はムーアの法則の5、6倍?

伊藤穣一のことは、NHKのTEDトークを紹介するプログラム「スーパープレゼンテーション」で知った(恥ずかしながら)。 スーパープレゼンテーション|Eテレ NHKオンライン 「ジョーイ伊藤」って笑、と(恥ずかしながら)はじめはおもっていたが、MITメディア…

【科学的とはどういう意味か:森博嗣】文系に捧ぐ!理系って全然すごくない

なんで大人になっても「理系」「文系」の2つに人を分類するのか? いわゆる「理系」の僕にはこれが不思議でしょうがない。弊害すらあるとおもっている。「理系」「文系」なんて、学生のとき大学に入るために試験にあわせて分かれたコース以外のなにものでも…

【ファスト&スロー:ダニエル・カーネマン】ヒューリスティックってなに?

行動経済学の本を読んだことがあるだろうか。 行動経済学(こうどうけいざいがく、英: behavioral economics)、行動ファイナンス(英: behavioral finance)とは、典型的な経済学のように経済人を前提とするのではなく、実際の人間による実験やその観察を重…

【ヒトゲノムを解読した男:クレイグ・ベンター】傲慢で破天荒な男の自伝

『ヒトゲノムを解読した男』。それが誰だかご存知だろうか。 もちろん途方もない作業を数々の研究者が分担することで成し遂げたわけだが、1人あげるとすると写真の男クレイグ・ベンターがその人である。 わたしというヒトゲノムの書物が書かれたのは194…

【サイコパス秘められた能力:ケヴィン・ダットン】サイコパシーはあなたも持っている

サイコパスは凶悪犯罪を起こす人種として認知されている。 ロンドン生まれの心理学者ケヴィン・ダットン著『サイコパス秘められた能力』によると、「史上最悪の犯罪」と呼ばれるほど残虐な犯罪のおよそ50%がサイコパスによるものらしい。 一方で、社会的…

【人間の性はなぜ奇妙に進化したのか:ジャレド・ダイアモンド】育て親を決める「3つの要因」と、排卵を隠蔽する「4つの仮説」

名著『銃・病原菌・鉄』で有名なジャレド・ダイアモンドが描く、男女の性差を生理学と動物行動学の観点から追求した本『人間の性はなぜ奇妙に進化したのか』。 原著のタイトルは『Why Is Sex Fun?』。随分キャッチーだが、日本語のタイトルの方が広く内容を…

【すばらしい人間部品産業:アンドリュー・キンブレル】なぜ臓器提供は無償?

バイオの分野で仕事している人は必読! すばらしい人間部品産業 posted with ヨメレバ アンドリュー・キンブレル 講談社 2011-04-15 Amazon Kindle 楽天ブックス 《目次》 著者と訳者 なぜ臓器提供は無償なのか 胚は人間といえるか 著者と訳者 『すばらしい…

【あの日】速報:小保方晴子という人を考える

あの日 posted with ヨメレバ 小保方 晴子 講談社 2016-01-29 Amazon Kindle 楽天ブックス あの日に戻れるよ、と神様に言われたら、私はこれまでの人生のどの日を選ぶだろうか。一体、いつからやり直せば、この一連の騒動を起こすことがなかったのかと考える…

【量子力学で生命の謎を解く】生物学の未来を拓く量子生物学

あなたが今みているモノを分解していくと、例外なく量子力学の世界に辿り着きます。 全ての物質は原子や電子や陽子や中性子といった微小な粒子でできていて、光や音などのエネルギーは波動として伝わります。「量子トンネル」と呼ばれるプロセスで水素原子核…

【ホーキング、自らを語る】仕事で成果をあげて私生活も充実させるたった1つのコツ

仕事と私生活のバランスについて、どう考えますか? 自分が所属している業界で成果を残すためには、私生活など犠牲にして、がむしゃらに仕事に取り組まなければいけないのでしょうか。 理論物理学という業界で、いや業界を超えて有名になったスティーブン・…

【バイオパンク:マーカス・ウォールセン】バイオハッカーは世界を変えられるか

「分子生物学の研究や血液・遺伝子検査はラボや病院でしかできない。」そんな常識が壊されてきているのをご存知でしょうか? バイオパンク―DIY科学者たちのDNAハック! posted with ヨメレバ マーカス・ウォールセン NHK出版 2012-02-21 Amazon Kindle…

【波紋と螺旋とフィボナッチ:近藤滋】山吹色の波紋疾走は無駄な知識じゃないーッ

自然にできる模様って奇麗ですよね? 魚とか、虫とか、植物とか。人間がつくったデザインなんて所詮たかが知れてて、神が創造した自然の造形には敵わないなあって。 いやいや待ってくださいよ。何でも分からないことを「神」に落ち着かせたら思考はそこで行…

【動的平衡:福岡伸一】ダイエットに励む人は知っておくべき1つの事実

あなたはダイエットしたことありますか? ある調査によるとダイエット経験者は女性75%、男性60%だそうです。成功率は女性 36%、男性47%です。 動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか posted with ヨメレバ 福岡 伸一 木楽舎 2009-02-17 Amazon Kindle 楽天…

【寿命1000年:ジョナサン・ワイナー 】100年どころじゃない!

人間の寿命ってどこまで延びるのでしょう? 誰しも一度は自身の余命の期待値と紐づけて考えたことがある疑問ではないでしょうか。 寿命1000年―長命科学の最先端 posted with ヨメレバ ジョナサン ワイナー 早川書房 2012-07 Amazon Kindle 楽天ブックス 《目…