引用書店

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE INYOSHOTEN PLUS

書評を中心に、伝えたいことをplus

科学-医学

高城剛『2035年の世界』の医療パートを徹底解説する

『2035年の世界』は、高城剛が自ら設定した100のキーワードをもとに人類の未来像を語っていくという本だ。 経済、環境などジャンル分けされているのだが、この記事では僕の専門である医療・生命科学に関するキーワードに限定して、「そんな未来が果たしてく…

ほどよい緊張が最高のパフォーマンスを生むという本番前に使える法則

スポーツの大会当日、過度に緊張して本来の力を出し切れなかった。そんな経験はないだろうか。 僕はというと、以前はガチガチに緊張して泣きたいほど無念な結果に終わった大会を何度も味わった。当時は人生を賭けるつもりで本気でスポーツをしていたので、情…

【完全な人間を目指さなくても良い理由:マイケル・サンデル】筋肉パンパンなリーグ、観たい?

マイケル・サンデル『完全な人間を目指さなくても良い理由』はスポーツ選手、バイオ系、デバイスや人工知能系の業界で働いている人に薦めたい一冊。 完全な人間を目指さなくてもよい理由-遺伝子操作とエンハンスメントの倫理- posted with ヨメレバ マイケ…

【すばらしい人間部品産業:アンドリュー・キンブレル】なぜ臓器提供は無償?

バイオの分野で仕事している人は必読! すばらしい人間部品産業 posted with ヨメレバ アンドリュー・キンブレル 講談社 2011-04-15 Amazon Kindle 楽天ブックス 《目次》 著者と訳者 なぜ臓器提供は無償なのか 胚は人間といえるか 著者と訳者 『すばらしい…

【寿命1000年:ジョナサン・ワイナー 】100年どころじゃない!

人間の寿命ってどこまで延びるのでしょう? 誰しも一度は自身の余命の期待値と紐づけて考えたことがある疑問ではないでしょうか。 寿命1000年―長命科学の最先端 posted with ヨメレバ ジョナサン ワイナー 早川書房 2012-07 Amazon Kindle 楽天ブックス 《目…