引用書店

THE INYOSHOTEN PLUS

書評を中心に、伝えたいことをplus

【ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか】「先延ばし方程式」に屈するな!

ロクなことにならないと知りながらも、面倒なことは後回ししてしまう。これは人類共通の性質なので仕方がないが、人によって程度の差はあるようだ。 『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』にはチェックリストが付いているので、興味あれば点数をつけてほし…

【ストックビジネスの教科書:大竹啓裕】ストックビジネス、正確に理解してる?

「ストックビジネス」と聞いて「ああ、ブログみたいな蓄積型のね」という印象しか持たないようでは、言葉の定義を正確に理解しているとはいえない。 ストックビジネスの教科書 posted with ヨメレバ 大竹 啓裕 ポプラ社 2015-10-20 Amazon Kindle 楽天ブック…

【フィーチャリング力:VERBAL】相手と自分の価値を最大限引き出す方法

あなたは「フィーチャリング」できてる? フィーチャリング力 あなたの価値を最大化する奇跡の仕事術 posted with ヨメレバ VERBAL 幻冬舎 2013-02-27 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次》 プレゼンは「プレゼント」 誰かと組むときはプライドを捨てろ…

【独裁者の最強スピーチ術:川上徹也】3つの黄金律で人を惹きつける

悪用はしないように、読んで頂きたい一冊。 独裁者の最強スピーチ術 (星海社新書) posted with ヨメレバ 川上 徹也 講談社 2012-04-26 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次》 「スピーチこそが最強の武器」と知っていたヒトラー 3つの黄金律 悪用はダメ…

【申し訳ない、御社をつぶしたのは私です:カレン・フェラン】お前(コンサル)のせいか?

タイトルとサブタイトルで、ここまで内容が読める本はなかなかない。 MIT卒のデロイト、ジェミニ・コンサルティング出身のコンサル、カレン・フェラン著『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です - コンサルタントは組織をぐちゃぐちゃにする』。 申し訳ない…

【世界標準のNEMAWASHIの技術:新将命】日本流「根回し」との合わせ技が最強!

コカ・コーラ、シェル石油、ジョンソン・エンド・ジョンソンなどの外資系企業で日本支社長を含めたキャリアを積んできた新将命。 本国の外国人トップとの豊富な経験をもとに書かれた『世界標準のNEMAWASHIの技術』 は、日本流「根回し」と世界標準の「NEMAWA…

【マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか:大嶋祥誉】誰でもできそう!

マッキンゼーシリーズの世の中への拡散に大いに貢献している大嶋祥誉著『マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか』に書かれていることは、誰でもできる簡単なことばかり。 これぐらいやっていないと機械損失なレベルだ。 マッキンゼーのエリー…

【「甘え」の構造:土居健郎】日本人はみんな甘えん坊?

初版は昭和46年、僕の生まれる随分前に書かれた『「甘え」の構造』。日本人の価値観や言葉は「甘え」を中心に広がっているという説に基づいた本だ。 「甘え」の構造 [増補普及版] posted with ヨメレバ 土居 健郎 弘文堂 2007-05-15 Amazon Kindle 楽天ブ…

【完全な人間を目指さなくても良い理由:マイケル・サンデル】筋肉パンパンなリーグ、観たい?

マイケル・サンデル『完全な人間を目指さなくても良い理由』はスポーツ選手、バイオ系、デバイスや人工知能系の業界で働いている人に薦めたい一冊。 完全な人間を目指さなくてもよい理由-遺伝子操作とエンハンスメントの倫理- posted with ヨメレバ マイケ…

【筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか?:千田琢哉】説得力は胸板の厚さに比例?

なぜ、この本を買ってしまったのか。当時の購買モチベーションは不明のひとことだ。 筋トレをする人は、なぜ、仕事で結果を出せるのか? posted with ヨメレバ 千田 琢哉 総合法令出版 2015-01-22 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次》 説得力は胸板の厚…

【プロカウンセラーの聞く技術:東山紘久】「相手にとって気持ちよく」それだけ!

少し古い一冊だが、カウンセラーが書いた「聞く」技術の本。 プロカウンセラーの聞く技術 posted with ヨメレバ 東山 紘久 創元社 2000-09 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次》 「他人のことはできない」と割り切る 相手にとって気持ちよく 相手に集中…

【木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか:増田俊也】戦前〜戦後を生きた格闘家たち

プロローグで岩釣兼生が全日本プロレス入りするシーンからはじまる。 『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』は戦前戦中、そして戦後を通して十五年間無敗のまま引退し、「木村の前に木村なく、木村の後に木村なし」と謳われた超人の隆盛と凋落のストー…

【あなたの話はなぜ「通じない」のか:山田ズーニー】伝わる基本5つと習慣2つ

小論文講師のキャリアが長い編集者山田ズーニー著『あなたの話はなぜ「通じない」のか』。 ビジネスでの会話や文書作成に活かしたい人を主な対象にしているが、ブロガーの面々も騙されたとおもって読んだ方がいい。 あなたの話はなぜ「通じない」のか (ちく…

【期待の科学】スポーツ選手に捧ぐ!プラセボ効果を味方につける3つの秘訣

kindle4月の月替わりセールからの1冊『期待の科学』。 「思い込み」や「プラセボ効果」についての本だ。 「期待」の科学 悪い予感はなぜ当たるのか posted with ヨメレバ クリス・バーディック CCCメディアハウス 2014-06-19 Amazon Kindle 楽天ブックス 7…

【夜の経済学:飯田泰之/荻上チキ】男なら知っておきたい!夜のデータ

『夜の経済学』は、夜の市場をエコノミストが社会科学的手法でデータ分析した、男なら興味がないとは言わせない一冊。 夜の経済学 posted with ヨメレバ 飯田 泰之,荻上 チキ 扶桑社 2013-09-26 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次》 飯田泰之/荻上チ…

【ヤバい経済学】kindle4月セール!読んでない人は読まなきゃ損

『ヤバい経済学』がkindle4月セールで、今なら46%オフの1100円ちょいで買える。 しかも臓器売買、脱税、中絶合法化論争、犬のウンコなどヤバい話題を追加した増補改訂版だ。 ヤバい経済学 [増補改訂版] posted with ヨメレバ スティーヴン・D・レヴ…

【死体の再鑑定:上野正彦】「再鑑定」って何だか知ってますか?

妙に惹かれるジャンルの本ってないだろうか? 僕の場合は犯罪系(特にサイコパス系)、諜報系、虐待系がそれだ。 監察医が泣いた死体の再鑑定:2度は殺させない posted with ヨメレバ 上野 正彦 東京書籍 2016-03-04 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次…

【幸福論:須藤元気】四国を旅し、本を多読するきっかけになった一冊

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE 青春の一冊といえば須藤元気『幸福論』、この本を僕はあげる。 幸福論 (RHブックス・プラス) posted with ヨメレバ 須藤元気 武田ランダムハウスジャパン 2007-10-02 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次》 須…

【1Q84:村上春樹】ノンフィクション読者層も楽しめる!

これだけ本を読みながら、小説はほとんど読まない。なので村上春樹を読んだのは『1Q84』が初だった。 1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 村上 春樹 新潮社 2012-03-28 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次》 ノンフィクショ…

【残念な人の思考法:山崎将志】こんな人いない?最近見かけた残念な人

どうにも残念な人を最近よく見かける。 自分の心がすさんでいるのか、自己評価が不当に上がっているのか。はたまた本当に日本に残念な人が増えているのか。原因はわからない。 最近見かけた残念な人 「うす」しか言えないコンビニ店員 レジで会計をすると無…

【ユニ・チャーム共振の経営:高原豪久】コミュニケーションの回数と方法

コミュニケーションって難しい。 自分は伝えたと思っていても、相手に伝わっていない。伝わらなければ、言っていないのと同じだ。 トップダウンでもボトムアップでもなく経営と現場が「共振」する姿を理想とするユニ・チャーム社長高原豪久の『ユニ・チャー…

【変身:カフカ】ある朝起きたらストレスで仕事に行けなかった人へ

ストレスで急に仕事に行けなくなった人、いますか? 最近職場に復帰した人から、長期休暇に入るきっかけを聞いた。「ある朝起きたら急に体が動かなくなった。まるで自分の体じゃないみたいで驚いた」のだという。 これを聞いて僕はフランツ・カフカ『変身』…

【史上最強の哲学入門:飲茶】バキ的な設定?超わかりやすい哲学本

『グラップラー刃牙』の熱烈ファンである著者が、哲学者をバキ的に描いた哲学本『史上最強の哲学入門』。 哲学者入場! 哲学の聖地、東京ドーム地下討議場では、今まさに史上最大の哲学議論大会が行われようとしていた・・・。 「史上最高の『真理』を知りた…

【報道ステーションは正義か不実か:長谷川豊】古館伊知郎が降板した理由

古館伊知郎が3月で報道ステーションを降板し、メインキャスターとして富川悠太を迎えた新体制が4月からはじまった。 報道ステーション|テレビ朝日 古館さんの降板についてはネットでもいろいろ書かれているが、報道ステーションを含めたテレビニュースの…

【寝たきりだけど社長やってます:佐藤仙務】何のために働くのか?

「他で働く場所がなかった」 ホームページ制作会社「仙拓」の社長佐藤仙務は、「なぜわざわざ会社なんてやるの?」と聞かれたとき、こう答えるのだそうだ。 寝たきりだけど社長やってます posted with ヨメレバ 佐藤 仙務 彩図社 2014-06-16 Amazon Kindle …

【シンギュラリティは近い:レイ・カーツワイル】起源と意味、答えられる?

「シンギュラリティ」という言葉の起源、その意味を答えられるだろうか? 少し前、AlfaGOが世界最強とも言われる韓国のプロ棋士イ・セドルを負かしたことが話題になった。AlfaGOの開発者は、次はより人間的な駆け引きが問われる「ポーカー」に挑戦するのだそ…

【V字回復の経営:三枝匡】御社でも蔓延してる?マズい症状を打破する物語

物語仕立ての経営本はいくつかあるけれど、断然お薦めしたいのが『V字回復の経営』。多額の年収で注目されるミスミグループ三枝匡の著作で、結構古い本だが何度も読み返したい名著だ。 V字回復の経営―2年で会社を変えられますか (日経ビジネス人文庫) posted…

【死にいたる病 現代の批判:キルケゴール】人は絶望しながら生活している

人は誰しも、何かに絶望しながら日々生活しているものだ。 死にいたる病、現代の批判 (中公クラシックス) posted with ヨメレバ キルケゴール 中央公論新社 2003-06 Amazon Kindle 楽天ブックス 7net 《目次》 キルケゴールの実存主義 人は絶望しながら生活…

【はじめてのヘーゲル『精神現象学』:竹田青嗣/西研】さらに分かりやすく解説してみる

ヘーゲル『精神現象学』は哲学書のなかでも難解といわれている。 それを分かりやすく解説した本が「はじめてのヘーゲル『精神現象学』」である。そしてさらに分かりやすく解説してみようというのが、この記事での試みである。もちろん解説する部分はかなり限…

【雇用破壊:森永卓郎】新卒フリーランスは第三の生き方に含まれるか

森永卓郎『雇用破壊』から思う所が2点あったので、すこし毛色が違うが同じ記事にまとめる。一つはおまけとして読んでもらえれば幸いだ。 格差社会での第三の生き方に新卒フリーランスは含まれるのでは? おまけ:ブロガーは本を読もう! 雇用破壊 三本の毒…