引用書店

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

THE INYOSHOTEN PLUS

書評を中心に、伝えたいことをplus

【日本のみなさんにお伝えしたい48のWhy】厚切りジェイソンが相談先になるたった1つのWhy

スポンサーリンク

「Why!ジャパニーズピーポー!」でおなじみ(いやそれほどでも?)、厚切りジェイソンの著書を読みました。

www.youtube.com

 

ここで本題に入る前に1つどうしても物申したいWhyがあります。

「Why!厚切りジェイソンっつーか出版社!?2015年新刊でkindle版がないっておかしいダロウ!」そう!kindle版がないんですよ!

こういう軽めな本ほどkindle版でさくさくっとスワイプで読みたいのに。これ出版社依存なんですかね?「ぴあ株式会社」から出てるんですが、チケット会社じゃkindle出させてくれないんですかね。それとも「ぴあ」関係者に紙じゃないと既得権益がなくなって困る偉い人がいるんですかね。

 

《目次》

 

厚切りジェイソンってこんな人

ググればいくらでも出てきますが、ぱっと見でわかるようにプロフィールです。

  • 1986年生まれ29歳(2015年12月時点)
  • 漢字、ことわざ等の「Why」をネタにしている芸人
  • 会社役員で肩書きはSenior Vice President(上級副社長)
  • 芸人+会社役員の兼業
  • コメンテーターもやりたいらしい

やりたいことを躊躇せずやってみるってのは、単純に好感もてます。

ところで日本語に「二足のわらじ」ってあるけど、この言い方はおかしいダロウ!って思いません?他にもやりたい別ジャンルの仕事があったら三足だけど、足は二本しかないから困るダロウ!って。江戸時代は2つの職種を兼務することはかなり珍しかったからこそできた俗語なんでしょう。今の時代にマッチしないことわざが残ってると、それが「社会の常識」になって時代の進歩の弊害になるような気もします。

ジェイソンさんは日本の将来を憂いています。そして・・・

微力ではありますが、僕は日本に刺激を与えたいと思います。素晴らしい国、日本がグローバルになりつつある市場でほかの国と比べて競合力が落ちていくのを見るのは悲しすぎます。少しでも違う視点を考えさせるために、TwitterなどのSNSで人生相談を始めました。

という経緯で書かれたのが本著です。でも、なんでジェイソンさんのところに人生相談が集まるんでしょうかね? 

 

厚切りジェイソンが相談先になるたった1つのWhy

ジェイソンさんの強みは1つ、思考がロジカルなところです。相談が集まるのは有名人だからってことは当然ありますが、相談の受け皿になるには何かしらコンテンツの強さが必要です。

毎日0.1%よくなるか悪くなるかとする。一日だけであまりわかるような差ではない。ただ1年間続くと重なっていく。44%スキルアップまたは30.6%スキルダウン。

今日は0.1%良くなるか?それとも0.1%悪くなる?毎日少しずつ。

複利の論理です。今日1日、昨日と比べてコレだけでも改善できた。それが継続すれば1日の上がり幅は日々大きくなります。

他の相談はほとんど数字を使ったものではないですが、一貫してロジカル。2つの選択肢を並べ、メリットデメリットで冷静に比較して相談者にこたえています。逆に言えば日本人の相談者がいかにロジカルでないか、思考を自分の殻に閉じ込めて、冷静に2つ以上の目線で考えることを排除しているかということです。

ちなみに複利の例は、おまけのツイート集から引用したものです。「お伝えしたい48」の中身は本を開いたときのためにとっておいてください。ギャグもはさんでいますが、案外真剣勝負なQ&Aがそろっています。