引用書店

THE INYOSHOTEN PLUS

書評を中心に、伝えたいことをplus

LGBTの定義をまとめてみたら、マツコの不思議さを理解し尊重できた

スポンサーリンク

マツコ・デラックスは「性同一障害」ではない。ふだんは男の格好をして、趣味で女装している「女装癖のゲイ」だ。本人が著書『デラックスじゃない』で語っていることなので間違いない。

本著で語られる彼(と言っていいのか分からないが)の言葉を読むと、性のカタチは千差万別でひとくくりにできないものなのだと実感させられる。

同時に、セクシャルマイノリティを尊重してLGBTへの差別をなくそうなどと広くいわれているが、果たして自分は正確に「LGBT」という言葉の定義を理解しているのかという疑問が湧いてきた。これを機会に理解を深める目的で、LGBTの種類についてまとめてみた。

LGBTとは

同性愛 (レズビアン・ゲイ)、両性愛(バイセクシュアル)など同性・両性を好きになる人や、性別超越者(性同一性障害・トランスジェンダー)など心と体の性に不一致を感じる人々の頭文字をとって総称した呼称のことです。(※類義語:性的マイノリティ・性的少数者・セクシュアルマイノリティなど) - LGBT Manners Programウェブサイトより引用 

「同性・両性を好きになる人」「体の性に不一致を感じる人々」というのがLGBTの大枠の定義だ。以下、 LGBT Manners Programウェブサイトより言葉を引用しつつ説明する。

L(レズビアン):女性として女性が好きな人のこと

「レズは説明されなくても知っているよ!」という人が大半だろう。しかし、「女性として」という部分もきちんと理解していただろうか?

「女性として」女性が好きな人がレズであり、男性の気持ちで女性が好きな人はレズではない。

G(ゲイ) :男性として男性が好きな人のこと

レズの説明の後だと、ゲイは理解しやすい。レズの「女性」を「男性」に入れ替えた特徴をもつ人がゲイだ。「男性として」男性が好きな人がゲイ。女性の気持ちが少しでもあるのであれば、それはゲイではない。

この定義を知るとマツコは本人の言っている通り、正真正銘の「ゲイ」だということが理解できる。マツコは女性になりたいわけではない。「あら、この子かわいい」などとよく番組で言っているが、あれは「男性として」男性が好きなのだ。

B(バイセクシュアル) :同性も異性も好きになる人のこと

「同性も異性も好き」というバイセクシャルには、以下の2パターンがある。

  • 体は女性で、女性のことも男性のことも好き
  • 体は男性で、男性のことも女性のことも好き

逆に言えば、バイセクシャルにはこの2パターンしかない。この限定はトランスジェンダーを理解する上で重要になってくる。

T(トランスジェンダー):心と体の性に不一致を感じる人

トランスジェンダーの定義は「心と体の性に不一致を感じる」と幅広い。つまり、心体ともに男性でも、心体ともに女性でも、レズでも、ゲイでも、バイでもない「その他の性」が全てトランスジェンダーであるといえる。

俗にニューハーフと呼ばれるような元の体は男だが、心は女で、男が好きな人はトランスジェンダーの代表例だ。

「性」には体と心以外にも、レズの定義のときから登場している「誰が好き」という性的対象という性があり、さらに「社会的な性」という分類もある。

① 身体の性………生まれながらの生物学的な性

② 心の性…………自分が認識している性別

③ 社会的な性………第三者から認識されている性・または社会的な性の役割

④ 性的対象…………愛情・恋愛感情・性的欲求の対象となる性

- LGBT Manners Programウェブサイトより引用 

みなさん「社会的な性」への認識は薄いと思うが、セクシャルマイノリティにとって「周りからどう見られているか」は自分の思考と同じかそれ以上に重要な要素だろう。

 

マツコ・デラックスの性

自分が演じられない性を「異性」というのだったら、アタシにとっての異性は男性ね。でも、「性別としての女性」になりたいと思ったことは一度もないの。自分のこと、いわゆる「性同一障害」ではないこともわかっていたわ。男の身体でいることは苦痛ではないし、何も不自由は感じない。頭の中も女じゃない。だけど、「女装」はしたいの。

といっても、普段は男の格好で生活している。別に常に女装しなくてもいいの。男の姿でいるほうが、ダラーッとラクしていられて、居心地はいい。女装癖のゲイの中でも、女性性が強くないタイプ。ホントに女性になりたいはるな愛ちゃんとは、そこが違うの。非常に珍しい生き物ってわけ。

「性同一障害ではない」と言っているが、これはトランスジェンダーではないという意味だろう。ゲイはトランスジェンダーとは異なる、セクシャルマイノリティだ。

また、自分の事を「非常に珍しい生き物」と表現していることから、普段接する人には心が女で体も女になりたいニューハーフか、女装はしないゲイが多いと予想される。

 

知ることは尊重することにつながる

LGBTの定義をきちんと理解してからマツコの文章を読むと、スッと言っていることが頭に入ってくる。

性に限らず、人は自分と違う価値観をもつ人を排除しがちである。異質と感じる人に出会ったら、まずは理解しようと興味をもつことが大切だ。いつまでも得体が知れないから遠ざけてしまうのであって、一旦知る機会をつくれば、その多様性を尊重することができる。